WARUMON

クラブ・ライブ > アーティスト・イベント特集記事 > 記事詳細

WARUMON インタビュー 練マザファッカー D.O

 Hip Hopというのは、「地元の仲間たちと一緒に勝ち上がっていくゲーム」


【練マザファッカーのD.O】が、自身が制作に深く関わった映画【HO〜欲望の爪痕〜】について、インタビューに答えてくれた。
「今回HOっていう映画を作らせてもらってるんですけど。スタッフの一員となって、進めさせてもらっています。『言ってもらえれば、全部動くから。』っていう感じでやらせてもらいました。」
ラッパーらしい語り口調ではあるが、彼の作品で印象的な高音ではなく、俳優然とした低音の美声が意外だった。

その名の通り東京都練馬区出身。
【練マザファッカーのD.O】にとってのHip Hopというのは、「地元の仲間たちと一緒に勝ち上がっていくゲーム」だと言う。
「ガキの頃から一緒のツレと、今も一緒にアートをメイクしていて、それで東京のストリートでサバイブし続けるっていうことは、色んなしがらみや事件もある。そんな中で地元を語りながら続けるってことは、やっぱり本気でやらなきゃできないことだし、誰もができることではない。」
「そして、真剣だからこそ、おもしろおかしくというか、楽しめるHip Hopをやりたいし、それをかたちにしているというのが現状なんだ。」と説明してくれた。

今回、D.Oと共に映画の制作に参加しているPITGOb(右写真左側)は、渋谷生まれ渋谷育ちのラッパー。
D.Oの10代の頃からの盟友で、今はN.Yのハーレムで活躍中のDJ MUNARIとは幼馴染という関係。
「ドックスとして、お互い信頼できる、つるめる奴らは、練マザファッカーと一緒のファミリー。」
ステージの上に100人以上集まることもあるというのは、まさに練マザファッカーならではだ。

 このHOがHip Hopムービーというよりは、僕らのHip Hopの中で作ったストリートムービー。


「僕のタトゥー描いてくれてんのが、福島県いわきの、彫誠君っていう彫師のドッグス。まわりにもドッグスがいっぱいいて、かれこれ4,5年、行ったり来たりしていた後に、あの震災だったんで、結構他人事じゃなくて・・・。」
震災への熱い思いは、自身のレーベルD.Officeからのシングルカット【イキノビタカラヤルコトガアル】更にその後に出されたアルバムで表現され、彼は『今の日本』『目の前の現実』についてラップし続けている。

ストリートの話しはもちろん、目の前の現実すべてを、常に新しいHip Hopとして新しいかたちでやるというD.O。
【イキノビタカラヤルコトガアル】と【HO〜欲望の爪痕〜】という映画は、一直線上に存在し、合体することで初めて、自身の2014年の表現の仕方になったと語る。

 映画【HO〜欲望の爪痕〜】
『こういうことが今実際ストリートで起こっているんだぜ。』っていうストーリーを満載に詰め込ませてもらいました。


もともと、D.Oの一連のアートの中で、横山美雪は、お互いにリスペクトを持てる共演者だった。
初めて横山美雪とプロモーションビデオを制作した時、お互いに手ごたえを感じ、夢が実現して今回のHOに至った。

「僕が絡んじゃってるんで、当然、ドラッグ、バイオレンス、エロが満載。本当のストリートのHIP HOP、僕らならではの新しいHIP HOPのかたちに、ちゃんと作れたと思っている。」
そう語るD.Oの原案を、がっちり固めてくれたのは、プロデューサーのYOCCHI。
映画界の最前線で活躍している柴田愛之助監督と、豪華キャストの力ももちろん大きなものだった。

【HO】とはストリートスラングで売春婦という意味。
2013年現在の渋谷のホテル街、道玄坂。D.Oとそのドッグス達が、その目で見てきた渋谷のストリートが舞台。
「みんなが目をそらしたり、みんなが知らないこと・・・。こういうことが今実際ストリートで起こっているんだぜ。っていうストーリーを満載に詰め込ませてもらいました。」
と言うD.Oの説明は説得力に溢れていた。

【ストーリー】
2011年3月11日。東日本大震災が日本を襲った。
その後の東京、渋谷。アンナ(横山美雪)は渋谷の街角に立ち、客を取る“売春婦”
ある日、アンナは警察に捕まりそうなところ、偶然居合わせたもう一人の“売春婦”ミク(桃宮もも)に助けられる。
人なつこいミクはアンナに生きていくために体を売らずに金を手に入れる“クールな仕事”を教える。
次第に友情を深めていく2人だったが、“クールな仕事”を地回りのヤクザである神崎(前田耕陽)に知られ、神崎組の魔の手が伸びる。
追われる身となった2人にマル暴の川村(虎牙光揮)が助けに来るが・・・。

主演:横山美雪&虎牙光揮 出演:桃宮もも/鈴川真一/杉原勇武/川連廣明/木更津与兵衛/渡洋史/D.O/PITGOB/中原翔子/島津健太郎/黒田勇樹/前田耕陽/
監督:柴田愛之助 原案:D.O 企画:YOCCHI
オーディトリウム渋谷で1/11~1/17まで劇場公開予定。
公式サイト http://ho.glow-united.com


Interviewer Profile
彫昌(ほりしょう)
東京都豊島区池袋で彫師として活動中。
WARUMONの編集長として、数多くの著名人にインタビューを行っている。
タトゥースタジオ SEEK


 WARUMON フォトギャラリー


練マザファッカー D.O


Top Page インタビュー記事一覧