WARUMON

総合 > 総合 特集、取材記事 > 記事詳細

WARUMON お店突撃訪問 スカジャン専門店 大熊商会

革のライダースも、高級ブランドのスーツも良いけど、男の中の男の衣装と言えば、やはりスカジャン。
上野、アメ横ど真ん中。スカジャン専門店『大熊商会』に突撃!

店舗情報


大熊商会
東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル1F
JR上野駅徒歩3分
営業時間 10時~19時
定休日 第三水曜日
03-3832-4466
info@yokosuka-jumper.com
オフィシャルサイト【大熊商会HP】



子供用から特大サイズ。超激レアなビンテージモノまで、200着以上のスカジャンが所狭しと並ぶ店内。
有名ドラマ、バラエティ番組、映画に衣装提供多数。
オーダーメイドは、1着からベテラン職人が、手振り刺繍で丹精に仕上げてくれます。
スカジャン好き必見。

今回のカスタムポイント


上野のにぎやかな「アメ横」のど真ん中。 大熊商会は、68年前から営業中の超老舗。

お店の入り口では、スカジャンを着たリカちゃん人形がお出迎えしてくれます。

ズラリと並ぶ商品は、全てベテラン職人が1着ずつ刺繍を施している。
相場10万~15万円の品を1万~4万円で販売しているものも。非常にリーズナブル。

4代目店長の桃太郎さん。
トレードマークはインパクトMAXのリーゼント。
とても気さくでロックンロールな方でした。
スカジャンの歴史や伝統について、興味深いお話しを沢山聞かせてくれました。

AKB48にも衣装提供。
最近では、フジテレビドラマ「天誅 闇のお仕置き人」にも提供されたそうです。

こちらは戦後、初期の激レアビンテージモノ。
お値段、なんと75万円!
ここまでコンディションの良いビンテージは、早々お目に掛かれないそうです。

数十年前のビンテージは、古着屋等に出回ってる商品も含め、ほとんどタグすらも無いモノが多く、ファスナーの種類や状態で目利きする事が多いらしい。
こちらのファスナーは、相当古いタイプ。
現代のモノとは違い挟み込んで装着する種類で、一目見ただけで初期のモノだと分かるとのこと。

一風変わった、ド派手なベロア生地のリバーシブルスカジャン。37,800円。
薔薇の刺繍がイカしてます。肌触りも最高!

キッズ用も多数展開中!
こちらはサテンの鷹龍ピンク。8,295円。

カップルにもおススメ。
これを機に、「本物のスカジャン」を手に入れてみてはいかがでしょうか?

大熊商会HPからの注文は10%OFF。
2万円以上お買い上げの方は15%OFF。
(セール期間は2014年3月末日迄)
オーダーメイドのお問い合わせもお気軽に!

Top Page お店突撃記事一覧